平成30年12月13日(木)

一覧を見る
主要記事見出し

☆31年度加工乳補給金等14銭増、10円80銭に
 (次年度畜産物政策価格の与党内調整が決着)
 ▽補給金単価は8円31銭、調整金は2円49銭
 ▽総交付対象数量、昨年同量「340万㌧」
 
☆道の「種子生産に関する条例案」骨格固まる
 (パブコメ受け、一部修正案を道議会に提示)
 ▽種子計画の策定に「備蓄」を新たに追記
 ▽3回目の調査審議、法規審査経て成案へ
 
☆道農連が日米物品貿易協定で吉川大臣に要請
 (来年度予算など農政推進に関する要請も)
 ▽要請に吉川農相は「しっかり頑張ります」
 ▽12月4日「総決起集会」決議踏まえ要請
 
☆JAグループ北海道が「畑作物GAP」を提案
 (31年度プレ実施、32年度の本格実施目指す)
 ▽地区意見を踏まえ、畑作専門委員会で協議
 ▽畑作4品一本化し、チェックリストを配布
 
☆ホクレン受託乳量、12月上旬は0・8%増
 (道内受託酪農家戸数は11月末5360戸)
 ▽前旬比は軟調、記録的気温低下と飼料影響か
 
☆濃厚飼料テーマにワークショップ―畜草学会
 (増収可能性、コーン国産化推進方策を探る)

定期購読料

年間購読料 84,000+税