平成30年12月10日(月)

一覧を見る
主要記事見出し

☆JA全中、31年度畜酪対策の重点要請決定
 (調整金、輸送コスト増受けた単価設定求む)
 ▽補給金では酪農再生産可能となる単価訴え
 ▽中小対策ふん尿処理施設整備等も盛り込む
 
☆青年部がJA運動の先頭に―大会宣言を採択
 (エネルギー問題への提言盛った特別決議も)
 ▽JA青年の主張はしずないの田島氏が最優秀
 ▽活動実績発表はたいせつの外川氏が道代表に
 ▽純農Boyはようていの大浦氏がグランプリ
 
☆農水省補助事業の日帰りバスツアー好評
 (㈱農協観光の「農感塾」、開催日はほぼ満員)
 ▽今年度のツアー参加者数は延べ1500人
 ▽しいたけ収穫体験など農閑期もツアー実施
 ▽認知度の低さが課題、JAとの連携も模索
 
☆農業経営者の7割以上、事業継承に取り組む
 (十勝、根釧地区の経営者対象にアンケート)
 ▽うち後継者決定済みは6割、全国調査上回る
 ▽親族内継承は81%、課題は後継者育成が67%
 
☆人 事 動 静(10~16日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税