平成30年11月30日(金)

一覧を見る
主要記事見出し

☆31年産主食用米等生産量は9万~17万㌧減に
 (農水省が需給見通し、需要量は726万㌧)
 ▽生産量718万~726万㌧と8万㌧の幅
 ▽人口減でより実情に即した算出方法に変更
 ▽年間需要減少幅は8万㌧から10万㌧に拡大
 
☆日EU・EPA協定承認案、衆院本会議で可決
 
☆日EU・EPA承認案の強行採決に断固抗議
 (断じて認められない―道農連が委員長談話)
 
☆道農連が12月4日に全道農民総決起集会開催
 (日米物品貿易協定交渉の断固反対など訴え)
 ▽大通公園で500人規模、集会後はデモも
 
☆道酪農振興町村長会議が高野政務官に要請
 (31年度の補給金などで十分な予算確保訴え)
 
☆馬券がない場合の払い戻しは申出書の郵送を
 (ホッカイドウ競馬着順誤審で12月3日から)
 
☆SNP検査事業へ参加を呼び掛け―日ホ
 (後検参加牛・ET雌牛の検査料が無料に)
 ▽事業は単年度、31年2月末まで受け付け
 
☆「宴会時の食べきりキャンペーン」を実施
 (「宴会五箇条」実践し、食品ロス削減を)

定期購読料

年間購読料 84,000+税