「解説的速報」と「重要データ」で北海道農業を強力にバックアップ!!北海道の農業に携わるすべての方に読んでほしい日刊紙です。農政や農産物の需給、JAならびに各連合会、関係会社の動向などを幅広く網羅。

2020年1月27日(月) 


主要記事見出し

☆ディルドリンの残留基準値を国際水準へ見直し
 (馬鈴しょは不検出から「0・1ppm」に)
 ▽きゅうりも「0・1ppm」に引き上げへ
 ▽厚労省の農薬・動物用医薬品部会で了承
 
☆グローバル産地推進事業、初年度は道内5団体
 (輸出関連補助事業説明会で活用呼び掛け)
 ▽20年度予算大幅増加も、競争倍率は上昇
 ▽HACCP等対応施設整備は合計83億円
 
☆災害時に牛の飲み水確保、道内酪農家を支援
 (道コカ・コーラが供給、協定締結―ホクレン)
 ▽有事の際、確実にお届けしたい―佐々木社長
 ▽子牛の防寒着も寄贈、専用自販機200台に
 
☆19年産てん菜の生産量は398万5589㌧
 (ヘクタール収量70・74㌧で過去最高に)
 ▽平均糖分は16・8%、産糖量64万㌧超確実
 
☆「農林水産物・食品輸出促進法」説明会を開催
 (輸出関連証明書や施設認定の手続き等)
 
☆人 事 動 静(27日~2月2日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税