「解説的速報」と「重要データ」で北海道農業を強力にバックアップ!!北海道の農業に携わるすべての方に読んでほしい日刊紙です。農政や農産物の需給、JAならびに各連合会、関係会社の動向などを幅広く網羅。

平成30年4月25日 


主要記事見出し

☆てん菜の上限ルール64万㌧は維持―4者協議
 (新たな調整金財源で3億円を生産構造対策に)
 ▽実質的に交付対象外の影響緩和、農水提案
 ▽委託加工部分、原料糖問題など今後の課題
 
☆日米通商新協議「FFR」6月以降開催へ
 (茂木敏充経済再生担当相が会見で見解示す)
 ▽議論の対象や協議の進め方、米側と調整へ
 
☆異業種間で人材融通する留萌モデル構築へ
 (新たな仕組みづくりに向けて検討会を開催)
 ▽少子高齢化の進行で地域の人手不足深刻化
 ▽農林水産や観光など繁忙期違う業種が連携
 ▽生産者から「人手あれば面積拡大」との声
 ▽今後も情報共有図り仕組みづくりへ協議を
 
☆ホクレン受託乳量、4月中旬は2・2%増
 (帯広は4・2%増、前旬に続く高水準)
 ▽1日当たり換算乳量は前旬比0・2%増

定期購読料

年間購読料 84,000+税