「解説的速報」と「重要データ」で北海道農業を強力にバックアップ!!北海道の農業に携わるすべての方に読んでほしい日刊紙です。農政や農産物の需給、JAならびに各連合会、関係会社の動向などを幅広く網羅。

2019年8月26日(月) 


主要記事見出し

☆概算要求の「重点事項」で党内論議を続行
 (自民合同会議で議論、予算額27日に提示へ)
 ▽「輸出、インバウンド、体制強化」は一体
 ▽現場に輸出の重要性の周知進める―農水省
 
【講演】
☆グリホサートの影響やゲノム編集の問題指摘㊤
 (道農業ジャーナリストの会で天笠氏が講演)
 ▽グリホサートのプレハーベスト使用が増加
 ▽アメリカで人体汚染調査、高い割合で検出
 ▽IARCが発がん物質と認定、研究も加速
 ▽日本は緩和、北米産小麦に汚染多いと警鐘
 ▽確かに使い過ぎるぐらい使ってる―農業者
 
☆8月中旬のホクレン受託乳量は0・7%増
 (気温が下がり上旬の落ち込みから持ち直し)
 ▽1日当たり換算乳量は全支所で前旬上回る
 ▽気温落ち着き回復、影響を注視―ホクレン
 
☆JA道信連が東京の商談会参加、14JA出展
 (北洋銀行などが主催、昨年に続き2回目)
 ▽前回に続き「なまらうまい!JA」コーナー
 ▽バイヤー向け冊子「バイヤーズガイド」配布
 
☆人 事 動 静(26日~9月1日)

定期購読料

年間購読料 84,000+税