飼料設計・給餌の基本と実践(デーリィマン増刊号) 

乳牛の健康を保ちながら、乳生産を維持・向上させるためには高度な栄養管理が求められます。本書は「飼料設計・給餌の基本」「飼料設計の実践と応用」「目的別飼料設計と設計の評価・見直し」「飼料調製法と給餌法」「飼料品質確保と栽培・調製の効率化」の5章構成で、精密な飼料設計・給餌を実践する上で必要な情報を網羅しました。ご購入はコチラから

監修 泉賢一(酪農学園大学農食環境学群教授)A4判228頁 4,381円+税 送料288円 

ショーリングへの道 

レジェンドたちのテクニック

5年に一度の酪農の祭典、全日本ホルスタイン共進会(全共)。全共で好成績を収めてきたレジェンド、ベテラン出品者たちのインタビューや座談会を交え、よりよい牛のコンディション作り、審査基準に沿ったリーディングなどの基本技術等を平易に紹介します。2020年の第15回全共九州・沖縄ブロック大会に向け、ぜひとも手に取っていただきたい一冊です。その他「乳牛の見方」(雌牛体型審査・線形評価法)、「リーディングの実際」、「毛刈りのポイントとその実際」、「乳牛の個体写真撮影」等、内容充実の一冊。ご購入はコチラから

B5判 116頁 本体価格 2,300円+税 送料 350円(税込)

 

Feeding Signals 

Feeding Signals 乳牛の健康と生産のための飼料給与の実践ガイド

飼料給与時の観察法と各種対策を解説。信頼できる情報、分かりやすい説明、そして多くのカラー写真により、飼料給与の管理を改善するために、すべきことは何かを教えてくれます。
著/Jan Hulsen 訳/中田 健  A4変型 84頁
価格:3500円+税 送料350円

ご購入はコチラ

牛と人に優しい牛舎づくり(増刊) 

酪農家戸数は減少の一途をたどっていますが、乳牛飼養頭数が16年ぶりに前年を上回りました。高水準で推移する乳価や個体価格は、酪農家の増産意欲の高まりを表しています。国の施設関連の支援も手厚く、牛にとってストレスが少ない牛舎環境を整えることで、生乳の安定供給に貢献することが求められています。  本書は5章構成で牛舎の新築・改修の際に参考となる情報を網羅し、乳牛の快適性向上と作業の省力化に向け活用できる1冊です。 監修/高橋圭二 A4判196頁 4,381円+税   

ご購入はコチラから 

テレビドクター4(増刊) 

テレビドクター4 

B5判 236頁 オールカラー
本体価格4,381円+税 送料288円
近年特に問題となっている重大疾病と、代表的な100の病気を取り上げ、原因、症状・特徴、応急処置、予防策、治療法などを解説しています。

ご購入はコチラから